テーマ:お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよね

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 10巻 鈴木大輔 MF文庫 ラノベ 感想

ネタバレ含みます。 ようやく秋人がどのようにして鷹ノ宮と有栖川家から独立することができたのかその理由が語られています。 その理由は斜め上を行くものでした。その理由を聞けば二階堂嵐といえども動揺しそうです。 (まさか両家の財産と不正の証拠を握っていて対立した時には対抗できるだけの人脈を築いていたとは・・・・・・・。) 独立でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 9巻 鈴木大輔 MF文庫 ラノベ 感想

ネタバレ含みます。 秋人と銀兵衛が修羅場になっています。 ハーレムラブコメの主人公らしからぬ行動だと思いました。 ある意味秋人らしく、ありかなと思いました。 その後の銀兵衛のデレっぷりには驚かされました『いつものクールさはどこにいった?』という感じです(笑)。 秋人とのデートでありさはしたたかな戦略に出ています『こうい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 8巻 鈴木大輔 MF文庫 ラノベ 感想

ネタバレ含みます。 今回は秋人と銀兵衛のデートと二人の出会った当初の過去が描かれています。 面白かった点 ・銀兵衛に弱点はないと思いきやデートでは空回りして『僕はデートができない』(残念)状態。 ・二人の過去が描かれていて二人の馴れ初めは険悪だったところから血なまぐさくなり、そして親友になるまでの過程。 ・秋人は温和そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 7巻 鈴木大輔 MF文庫 ラノベ 感想

ネタバレ含みます。 面白かった点 ・生徒会のメンバーのとんでもない提案。 ・会長の海の家での豹変ぶり。 ・旅館で貞操の危機に陥りそう?になっている秋人。 秋人は自分の秘密の一部を秋子に話していますがどうなるか気になります。 愛の結晶 抱き枕カバー ◆リアス・グレモリー すいっちひめ ◇ハイスクールD×D アニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 6巻 鈴木大輔 MF文庫 ラノベ 感想

ネタバレ含みます。 各章の感想を描こうと思います 姫小路兄妹の日常① 二人がなにげなくしりとりや昔、自分らで考えたゲームをしています。 相変わらず秋子のアプローチを秋人はスルーしています。 姫小路秋人も、ただ一方的にモテるだけではない。 女性陣が寮の風呂場で秋人に対する不満を語っています。 不満の内容は面白いと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 2巻 漫画 感想 緑青黒羽 鈴木大輔 MFコミック

キャラの動きやイラストはそれなりに安定しており良いと思います。 だた秋子を時々ギャグでごつく書いていますがそれはいらないのではと思います。 第14話の『(始業式前日)その2』はこの物語では珍しくかなりシリアスでいい話だったのですが最後にコミックオリジナルの最後の一コマは面白いと思いました。 良くも悪くもシリアスな雰囲気をぶち壊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 1巻 MFコミックス アライブシリーズ

イラストは可もなく不可もなくというところでした。 ただ秋子がごつくなったり不気味になっているのは評価が分かれると思います、秋人も突っ込んでいました(笑)。 話の展開やキャラの動きは悪くなく面白かったので次巻も買おうと思います。 お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 1 (MFコミックス アライブシリーズ)メディアファ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 5巻 鈴木大輔 MF文庫 ラノベ 感想

ネタバレ含みます。 秋人の婚約者であるありさが寮の管理人になりました妹の座を奪われそうな秋子は反発しています。 秋人はそのことでいろいろ苦労しています。 秋子のありさに対する反発とやり取り(修羅場)は面白いと思いました。 ありさには欠点がないと思われていたのですが最後に秋人が害が及んでいるのはお約束かなと思いました(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 4巻 鈴木大輔 MF文庫 ラノベ 感想

ネタバレ含みます。 秋人の秘密が会長にばれています。 会長が秋人の化けの皮をはがすやり取りは面白いと思いました。 秋人の学校での日常も面白いと思いました。 生徒会にメンバーのためにクラスでは浮いてしまったようです。 秋人の編集担当である神野と生徒会のやり取りは面白いと思いました。 神野はタヌキの秋人にプライベート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 3巻 鈴木大輔 MF文庫 ラノベ 感想

ネタバレ含みます。 秋人達は生徒会のメンバーと暮らすことになっています。 秋人は振り回されたり(会長や秋子のアレな発言)、振り回したり(何気に女性陣を口説いている)してなんだかんだで機能しています。 ここで秋子の意外な側面(実はあれな発言をしていても口だけだった事実)や秋人が自分の出生の秘密を知った時のエピソード、秋子に対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 2巻 鈴木大輔 MF文庫 ラノベ 感想

ネタバレ含みます。 秋人は女性陣からアプローチを受けますが全く気づいていません。 他の事には鋭いのに解っていない部分はラブコメではベタな主人公だと思いました。 女性陣はその点は苦労させられそうです。 それ以外は相変わらずのタヌキです。 妹の持っていた本(兄妹の禁断の愛をテーマにした小説)には注意しておきながら『自分がそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 1巻 鈴木大輔 MF文庫 ラノベ 感想

ネタバレ含みます。 内容は離れ離れに暮らしていた兄妹、秋人と秋子が再び二人で同じ家に暮らすことになります。 しかし、秋子が兄を異性として愛しているため積極的にアプローチ(性的な意味含む)して秋人はそれに振り回されながら(突っ込みを入れたり、スルーしたりはしている)秋子の友人に無自覚ににフラグを立てていきます。 非常識に短期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more