精霊使いの剣舞 12巻 精霊王暗殺 志瑞裕 MF文庫 ラノベ 感想

ネタバレ含みます。

カミトはレスティアを失ったことで記憶を失っています。
カミトは自分の女性関係について驚き悩んでいます(笑)。

シリアスな展開か続くのかと思いきや部屋から脱出したカミトは痴漢扱いされたり、子供には『いんおう』と指をさされています・・・・・(汗)。

新たな敵として狂乱させる力を持つミレニアが登場しています。
どうやらシェーラ・カーンと『精霊を狂乱させている存在』は仲間というわけではないようです。

精霊王達との謁見で火の精霊王は解放されてイセリアのような状態でどこかにいるようです。
カミトたちは見つけることができるのか。
死んだと思われたレスティアはなぜか森の中で記憶を失た状態で老夫婦に助けられています。
どうしてレスティアは存在しているのか。
他国の軍用精霊がアレイシア学院に襲撃したため国同士の関係がきな臭くなってきています。
国同士の戦争になるのかルビアの動きはあるのか。

次も買おうと思います。


精霊使いの剣舞12 封剣解放 (MF文庫J)
メディアファクトリー
2013-11-22
志瑞 祐

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 精霊使いの剣舞12 封剣解放 (MF文庫J) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク> 6 ドラマCD付き限定特装版 (GA文庫)
SBクリエイティブ
あわむら 赤光

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク> 6 ドラマCD付き限定特装版 (GA文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック