星刻の竜騎士 12巻 瑞智士記 MF文庫 感想

星刻の竜騎士 12巻 瑞智士記 MF文庫 感想

ネタバレ含みます。

全開の謎の機械式の竜を調査し機械に使われていたミスリルの出どころであるラブロックに訪れています。

アッシュを巡る女性陣はお約束の行動をしています。

リンダの星刻の竜は何なのかナヴィーは知っているようです。
その竜は味方でも敵でもないということですがリンダの立ち位置はどうなるのかモルドレッドとの決着がつくまでには誕生しそうです。

アッシュ達の行動は軽率だと思いました。
ミスリルの出所がラブロックということを考えると黒幕の可能性を考えるのは自然に思いますし安易にラブロックの条件を飲んでいるように思いました。

落札したものとその背景は『斜め上を行くものでした』。

ここからさらに物語の核心に入ります

カサンドラ自身がガラテアで『落札物』になりアッシュに引き渡してほしいという展開でした。
モルドレッドはエーコと同じく『少女』として転生しているという斜め上を行くものになっています。

カサンドラとデミウルゴスの間に何があったのか、アッシュとおそらくリンダが持つ『聖杯』の意味は、『リンダのパル』とは、
コゼットの生死の行方は(もっともカサンドラをさらったヴィットーリアが変装した本人のような気もしますが)。

これからそれらの謎が解ればいいと思います。




星刻の竜騎士 4 (アライブコミックス)
メディアファクトリー
2013-04-23
RAN

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 星刻の竜騎士 4 (アライブコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




星刻の竜騎士XII (MF文庫J)
メディアファクトリー
瑞智士記

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 星刻の竜騎士XII (MF文庫J) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック