忘却の軍神と装甲戦姫 1巻 鏡銀鉢 MF文庫 ラノベ 感想

ネタバレ含みます。

試し読みの感想

男がウイルスにより絶滅した世界で冷凍されていた男の主人公アサトが目覚めるところから物語が始まっています。

似たような設定は過去有りましたが世界で唯一の男とはある意味スケールがでかくなったというべきでしょうか。

それにしてもアサトは軍の学校に編入早々男性か確認のため・・・を少女に握られたり目覚めた主人公が着せられていた下着は女性しかいない世界なので・・・・・。

アサトはいろいろと苦労しそうです。

最後の方にアサトの過去と強さについて触れられています。

話の流れからすると主人公は最初から最強モードになるのかと思いました。
ここまでは面白かったと思うので買おうと思います。


購入後の感想

良い点
・良くも悪くも男のいない世界なので周りの少女たちは男を異性というよりは珍獣を見ているような状態。

悪い点
・周りは珍獣のように見ているのにマイカがアサトを異性として意識している点と
 物質の保管方法などナノレベルで制御できるのにウイルス問題が解決されていないのは不自然。
・マイカとエリコにアサトは事故でキスをしてしまっている点と最後の敵であるマーベラスの行動はご都合主義。
・文章の流れにちぐはぐな部分がある。

全体的には面白くないわけではないのですが粗が多いように思いました。







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック